記事一覧

どうしますか?

フィット・プラス営業の蜂須賀です。


本日の天気は午後から雨。


解体日和ですが、お見積りの現地調査は・・・



本日は、西三河地区をあちこち見積りへ (ご依頼ありがとうございます。)




IMG_3871.jpg



上の写真

解体対象は右側の木造平屋の空家です。


隣のガレージに軒先が接触しそうです・・・



通常、解体工事は「足場養生」を組みます。


ほこり、解体時に廃材の飛散を防ぐ為です。




この場合、3つからの選択になります。




①単管足場養生の設置なし。 

(何もしないで、そのまま解体。)


②単管足場なし、防炎シート養生を垂らして設置。
 
(シートが建物と同じ高さ、飛散物は完全に防ぐことは不可。)


③軒先を手作業で撤去してから足場養生を設置。

 (通常の工事。飛散物を防ぎます。)




ご近隣様への配慮は①よりは②、②よりも③



施工金額は①は当然費用がかかりませんが


②→③ で施工費が上がります。


ご近隣様と良好な関係を維持する為には


③をおすすめします。



ご近隣様とのトラブルは一生の問題になりますので・・・ 

ご注意下さい。




いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社フィット・プラス

Author:株式会社フィット・プラス
愛知県岡崎市を拠点に「白にこだわる」解体業者の㈱フィット・プラスです。工事の施工内容や地域の事を発信致します。ホームページはこちら:http://2110plus.co.jp/